事務OLで人生変わった

事務OLのジム子による、事務職転職のコツ・履歴書・自己PR・面接で合格するコツをご紹介します

一般事務 自己PRの書き方

こんばんは。

 

今回はより転職活動で必要になって、一番重要な自己PRの書き方についてお伝えしたいと思います。

 

 <目次>

 

自己PRについて

最初のwebの応募から、面接の時持参の履歴書、面接時の話題まで、終始ずっとつきまとってくるのが自己PRです。

 

自己PRって何を書いたらいいかわからないという方、結構いらっしゃると思います。何を書いたらいいかわからないまま、時間が過ぎていき、行きたい会社に応募すらできなかった.....なんてことになったら勿体無いです!

 

せっかくなんでこの際に一緒に、自己PRを作り込んで、いろんな一般事務に応募できるようにしてしまいましょう!

 

自己PRを考えてみる

自己PRは自分で考えたり、他人に自分のことを聞いて作成するのもいいと思います。あとは転職会社のカウンセラーの方にアドバイスをもらって考えていくのもいい方法です。

ただし、なんでもかんでも、自分の得意をアピールするだけでは、絶対に合格できません。事務職として採用したくなる自己PRが必要となってくるのです。次は事務職として採用したくなる自己PRの作り方をご紹介します。

 

 

 

<ジム子流自己PRの作り方>

1.事務職として自分が働くことを想定した場合、苦手意識のないものを書き出して見ましょう。

→PCの入力作業苦にならない→入力業務が得意になる可能性がある

→細々とした作業が苦にならない→金額チェックや文章チェックができる

→人と喋るのが苦にならない→コミュニケーションが取れる

→大人数との仕事が苦にならない→協調性がある

 

 

 

2.さらにその苦手意識のない作業=得意につながる可能性があること(もの)を客観的にアピールできるものがあるか考えて見ましょう

→入力業務が得意である=MOSパソコン検定等の資格でアピール(2級以上が好ましいです)

金額チェックや文章チェックができる=前職で細々とした処理を経験し、結果に繋げたことでアピール

→コミュニケーション能力がある=前職で接客した経験が売り上げに繋がったとか等、結果に繋げたことでアピール

→協調性がある=前職でチームで結果あげた経験があれば、その際にどんな風に自分が工夫をしたかを織りまぜアピール

 

3.応募したい企業のHPを見て、求める人材、会社理念、企業業種等に目を通して見ましょう。2.で作成したアピール文章の中で、その企業で働く自分が想像できる、自己アピールで応募しましょう(企業HPをみてあまりに自分の考えと違う企業の場合は、お互いのミスマッチになります。よく考えて応募しましょう)

 

4.文章で作成した自己PR文章を、丸暗記しましょう。何も見なくても自己PRがスラスラ出るくらい覚えましょう。

→そうすると面接の時すでに自分がPRしたいことが頭に入っており、安心して面接の望むことができます。また、面接官もその書類に目を通しているので、自己PRを少し深堀して話すことも出来ます。

 

 

 

最後におすすめの資格

何も資格がないよ〜!という方がいらっしゃればせっかくなので、事務採用でアピールできる資格を取得してみてはいかがでしょうか。(2級以上が好ましいです)

MOS・情報処理能力検定

秘書検定

・簿記

・書道(+αのアピールで字が美しいのは◎です!)

 

自分に合った習いごとを見つけたいならEPARKスクール

 

 

 

一般事務OL年収は

f:id:jimuol:20170730140929j:plain

今回は一般事務についての業務内容をジム子のスケジュールとともにご紹介します。(年収・メリットデメリットもご紹介しています)

<目次>

 

一般事務とは

社内の営業資料の作成、データ管理・入力、電話・メール対応から来客対応までがお仕事です。 会社や部署によって仕事の幅に違いはありますが、経理・総務・秘書・営業アシスタントの領域まで任されたりする場合もあります。

ジム子の経験では、この典型で、経理・総務・営業事務・オペレーターの区分けがありませんでした。どの部署に配属されるかはその時の運(適職??)です。

 

例:一般事務OLのジム子の1日

9:00 来客・電話対応
10:00 会議用資料作成
11:00 コピー対応・部署内の勤怠管理
11:30 営業が持参する手土産買い出し
12:00 お昼休憩
13:00 営業の出張用宿泊先、車等予約
14:00 電話対応・提案資料作成
15:00 提案資料作成・コピー対応
16:00 データ入力・勤怠管理
17:00 接待用のお店や手土産手配
18:00 退社

 

自分のペースで仕事をすることはほぼありません。笑 急ぎでPCで資料作成したり、営業やその他の社内の部署の依頼をいかに的確に早くこなすかが求められる仕事だと思います。客先と電話や直接対応することもあるので、コミュニケーションスキルがある方は重宝されるかと思います。


 

 

一般的な年収は

月給:約18万円〜

年収:約290~310万

 

事務職女性の平均年収は305万円

転職サービスDODAの調べによれば、一般事務、営業事務、医療事務などの「事務系アシスタント職」の平均年収は、305万円。なかでも読者に多い一般事務の年収は、293万円という結果でした。

事務系アシスタント職(正社員)の平均税込み年収

秘書/受付 342万円

貿易事務 322万円

営業事務 309万円

一般事務 293万円

オペレーター 285万円

医療事務 254万円 注)

DODA平均年収2012年版より抜粋。正社員女性のデータ

出典:wol.nikkeibp.co.jp

 

OLジム子の感覚からしても、月収:約18万円〜、年収:290万円〜の経験を経てきています笑。やっぱり本音としては、厳しい生活から始まりましたが、今はだいぶ楽な生活になってると思います。下記にそんなメリットとデメリットで本音をご紹介してます。 

 

 

メリットとデメリット

実際一般事務OLをしていて感じる正直なメリット・デメリットです。

 

 

メリット:

給料面ただし、正社員雇用であれば、年一度の昇給がある場合も多く、数千円であっても年々手取りは多くなるはずです。また年2回ボーナス支給もあれば生活はぐっと楽になり、貯金もすることが可能です。

 

精神面 働く時間が規則的、精神&健康面ではかなり安定した生活ができます。ストレスがあるといっても、残業も少ないために社会人としては自由な時間が多く、趣味や家庭との両立が成り立ちます。

 

 

デメリット:

給料面:月給18万円とすれば、手取りは額面の75%~80%になります。となるとだいたい手取りは約14万円!。一人暮らしをしていれば、生計を立てるとかなり苦しいかもしれません。その上、正社員でも、一般事務では、各手当がつかない場合が多くこの14万円でやりくりする生活になります。

 

精神面自分のペースで仕事をすることはほぼゼロ。営業やそのほかの職種のサポート業務がメインなので、仕事を的確にスピーディにこなすことが求められる。コミュニケーションを円滑にこなす心の広さが必要とされます。笑

 

 

ジム子のように、他業種のハードワークをしていたものが、一般事務に転職したことへの本音は「転職してよかった!」でした。それは規則的な生活が向いていた点と、細々としたPCでの作業が好きであったことが功をそうしたのだと思います。また正社員ということでわずかながらの昇給とボーナスは大変ありがたいと思っています。20代半ばだった自分の決断にありがとうと言いたいですね。

 

広告

30~54歳の就職・転職をサポートしています

広告を非表示にする

OLジム子とは

 事務職歴10数年の OLジム子です。

 

 <目次>

 

 

 

 

 

 

未経験で事務OLに転職成功

 ジム子はこのブログのタイトル通り、10数年前に事務職に転職して人生が変わった人間です。

実は、事務職という仕事につくまでは、他業種の仕事をしていたのですが、朝から晩まで働き詰め。始発と終電を繰り返す不規則な生活で心身が疲労して、結局退職することになってしまったのです。

 

そんなジム子が心機一転、未経験ながら事務職として就職を果たし、10数年目、現在に至ります。睡眠時間が増え、心身は健康になり、今では前職の年収の1.3倍になりました。色々悩むことはあっても、10数年前この事務職にチャレンジして人生を変えてよかったなあと思います。

 

 

 

事務職は意外と人気な職種 

しかし...事務職は人気職種、実際はこんな問題があります。

「事務希望の女性」が多すぎるという大問題

女性活躍を阻む、需要と供給のミスマッチ

出典:

toyokeizai.net

 

はい、ジム子の知り合いの社長さんの会社でも、事務職の求人1人に対して300人の応募があったそうです。

 

そう、事務職と言っても正社員・土日休み・ボーナスありとなるとかなりの人気職種になって実は難関なんですよね。

 

 

 

ちょっとしたコツで未経験でも採用される 

ただ、未経験だから採用不可能という訳ではありません。

ジム子の合格の経験試験官として面接に関わった経験から、

「こんな感じにすると通りやすい」の近道になる点をご紹介させていただこうと思います。

  1. 自己PR
  2. 面接
  3. 企業研究
  4. 就職してから
  5. 貯金の仕方

 

もしこのブログをご覧になっている方で、

「事務職未経験だけど、思い切ってチャレンジしたい!」

事務職に転職したいなあ〜」と思われる方の手助けになるような記事を書いていきたいと思います。

 

よろしくお願いいたします。

広告を非表示にする