事務OLで人生変わった

事務OLのジム子による、事務職転職のコツ・履歴書・自己PR・面接で合格するコツをご紹介します

一般事務OL年収は

広告

f:id:jimuol:20170730140929j:plain

今回は一般事務についての業務内容をジム子のスケジュールとともにご紹介します。(年収・メリットデメリットもご紹介しています)

<目次>

 

一般事務とは

社内の営業資料の作成、データ管理・入力、電話・メール対応から来客対応までがお仕事です。 会社や部署によって仕事の幅に違いはありますが、経理・総務・秘書・営業アシスタントの領域まで任されたりする場合もあります。

ジム子の経験では、この典型で、経理・総務・営業事務・オペレーターの区分けがありませんでした。どの部署に配属されるかはその時の運(適職??)です。

 

例:一般事務OLのジム子の1日

9:00 来客・電話対応
10:00 会議用資料作成
11:00 コピー対応・部署内の勤怠管理
11:30 営業が持参する手土産買い出し
12:00 お昼休憩
13:00 営業の出張用宿泊先、車等予約
14:00 電話対応・提案資料作成
15:00 提案資料作成・コピー対応
16:00 データ入力・勤怠管理
17:00 接待用のお店や手土産手配
18:00 退社

 

自分のペースで仕事をすることはほぼありません。笑 急ぎでPCで資料作成したり、営業やその他の社内の部署の依頼をいかに的確に早くこなすかが求められる仕事だと思います。客先と電話や直接対応することもあるので、コミュニケーションスキルがある方は重宝されるかと思います。


 

 

一般的な年収は

月給:約18万円〜

年収:約290~310万

 

事務職女性の平均年収は305万円

転職サービスDODAの調べによれば、一般事務、営業事務、医療事務などの「事務系アシスタント職」の平均年収は、305万円。なかでも読者に多い一般事務の年収は、293万円という結果でした。

事務系アシスタント職(正社員)の平均税込み年収

秘書/受付 342万円

貿易事務 322万円

営業事務 309万円

一般事務 293万円

オペレーター 285万円

医療事務 254万円 注)

DODA平均年収2012年版より抜粋。正社員女性のデータ

出典:wol.nikkeibp.co.jp

 

OLジム子の感覚からしても、月収:約18万円〜、年収:290万円〜の経験を経てきています笑。やっぱり本音としては、厳しい生活から始まりましたが、今はだいぶ楽な生活になってると思います。下記にそんなメリットとデメリットで本音をご紹介してます。 

 

 

メリットとデメリット

実際一般事務OLをしていて感じる正直なメリット・デメリットです。

 

 

メリット:

給料面ただし、正社員雇用であれば、年一度の昇給がある場合も多く、数千円であっても年々手取りは多くなるはずです。また年2回ボーナス支給もあれば生活はぐっと楽になり、貯金もすることが可能です。

 

精神面 働く時間が規則的、精神&健康面ではかなり安定した生活ができます。ストレスがあるといっても、残業も少ないために社会人としては自由な時間が多く、趣味や家庭との両立が成り立ちます。

 

 

デメリット:

給料面:月給18万円とすれば、手取りは額面の75%~80%になります。となるとだいたい手取りは約14万円!。一人暮らしをしていれば、生計を立てるとかなり苦しいかもしれません。その上、正社員でも、一般事務では、各手当がつかない場合が多くこの14万円でやりくりする生活になります。

 

精神面自分のペースで仕事をすることはほぼゼロ。営業やそのほかの職種のサポート業務がメインなので、仕事を的確にスピーディにこなすことが求められる。コミュニケーションを円滑にこなす心の広さが必要とされます。笑

 

 

ジム子のように、他業種のハードワークをしていたものが、一般事務に転職したことへの本音は「転職してよかった!」でした。それは規則的な生活が向いていた点と、細々としたPCでの作業が好きであったことが功をそうしたのだと思います。また正社員ということでわずかながらの昇給とボーナスは大変ありがたいと思っています。20代半ばだった自分の決断にありがとうと言いたいですね。

 

広告

30~54歳の就職・転職をサポートしています